印鑑を通販購入する際の相場について

これから印鑑を作ってみようと思っている人は、どれぐらいの費用で作ることができるのかとても気になっているのではないでしょうか。長く使うものですから、それなりにはお金がかかると思っていても、やはりお札が飛んでいくと思うと勇気がいります。どんな印を作るのかということでも変わってきますし、それ以外にも素材をどうするのかという事も価格には関わってきます。実際の店舗で幾つか見ているととても高価なものというイメージがまとわりつくものですが、通販を利用することでかなり安く手に入れることもできます。日常生活の中で触れる機会が多いのは、認印、銀行印、実印です。どれを作るのかが決まっている人も、宗でない人も適正な価格で納得のいく印を作れるようにしましょう。

どんな要素で価格が決まってくるのか

通販であっても、印鑑のお店を選んで作ってもらうというのは普通のショップとなんら変わりません。お店そのものと直接やり取りをすることが多いため、基本的には一般の実店舗より安いとされていますが、価格を決める要素というのがあります。それは、どんな印を作るのかということと、印の大きさ、そして本体に使う素材です。機械か手彫りかというのもありますが、やはり手で彫る方が時間もかかりますし、若干ではありますが値段が高くなります。お店を見ていると、1000円前後の安価に購入できるものもあれば、高級な素材を使って1~2万円を超えるような価格の印もあります。自分が欲しい印がどんなものかじっくりとよく考えた上で、デザインなども気に入るようなお店探しをして注文をしましょう。

どれぐらいの相場で購入できそうか

認印ぐらいであれば、1000~2000円も出せばよいと思えるものが手に入りますし、銀行印だとその2倍ぐらいの価格で見ておくと良いでしょう。実印ともなればやはり重要な書類に使うものとなりますので、1万円前後ぐらいが相場となっています。これらはあくまで相場となりますので、自分がもう少しお金をかけたいと思えるのであれば足していくとさらに良い素材を使えるようにもなるでしょう。お店によっては認印や銀行印などのセットでの販売をしていることもありますから、これを使えばそれぞれ一本ずつ購入するより安くなるので、まだ自分の印を持ったことがないという人はセット購入も便利です。通販ですから、送料やオプションなども利用していたらそちらも加味して値段が決まると思っておきましょう。